loopロゴ形

「しごと」と「くらし」に
ベストをつくる

「ともに創る好循環」

Servic

健康経営支援

誰もが諦めている「職業病」に挑む

例えば腰痛による経済損失は日本全体で3兆円
どんな職業にも「職業病」が存在します。
重たいものを運び続ける、パソコン画面を見続けるなど職業の特性や職場の環境によってそれは異なります。

「この職業に就いている以上、仕方がない」

「みんなだって我慢している」

この考えが「職業病」を放置することになり、目、肩、腰など体に様々な症状を引き起こし、生産性に影響を与えるだけでなく、時には休職・退職に発展してしまいます。

作業療法士・理学療法士の視点
改善へのアプローチ

現場分析による健康支援で個人の痛みの原因や対処方法を変化させるだけでなく、目には見えない暮らしの中の課題を見つけ、お互いに支え合える文化を創造します。

20231208_2

作業療法士

田代 涼

News
上部へスクロール